2018年03月25日

3/24の練習

今回は先生練習でした。


練習曲は先週に引き続き以下の4曲です。




俵はごろごろ


言葉遊びが面白く、そのフレーズを如何に表現して歌うかが大切なこの曲。


先生からもいくつか歌詞に合わせた指示があり、方向性が見えてきました。




汽車ぽっぽ


汽車が走る様子をオノマトペを用いて表現した愉快な曲。


徐々にテンポを上げていくよう指示があったものの、これに中々苦戦。もっと必死に歌ってほしいとのこと。今後の課題になりそうです。




Auringon noustessa


とても旋律が綺麗であり、それ故に歌いこなすのがとても難しい。この曲はベースだけが別の動きをしていることが多いので、自信を持って歌えるように取り組んでいきたいところ。


人数が中々集まらないので中盤の男声合唱の練習はまた後日ということに。




Ecco mormorar l'onde


軽快で小気味よい曲。しかしこれを言葉にのせて表現するのがまた難しい。


まずはレガートで旋律を繋げるために母音での練習をすることに。しばらくはこの練習が続きそうです。




来週からはまた新しい曲の練習です。団長曰く、それもまた難曲なんだそう。ますます頑張らねば。




Bass T.K.

posted by mei at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日誌

2018年03月18日

3月17日の練習日誌

今日は自主練習でした
いつもの様に団長の熱血指導が入ります

♪「Auringon  noustessa」
身に余るこの大きなスケール感をどう表現するのか?が最終的なテーマだが、技量・声量その他もろもろが不足している為、指揮者の「ヘイ!バッチこーい!」に、あえなく内野ゴロ(涙)
苦手な三連符も課題だ

♪「Ecco mormorar l'onde」
情景描写が美しいこの曲も、まだまだ道半ばだ
正しいリズムで軽やかに歌う事・次々と変化する特徴的なフレーズに滑らかに対応する事等には、やはり反復練習が重要
更に二種類のアクセントの使い分けも今後難しくなってくるだろう

この二曲の様な大変美しい曲に出会えたのは本当にラッキーだ、しかし美しさは難しさだ
私は今のパートに移って日が浅いが、壁に跳ね返されても憧れの難曲に挑んで行きたい

♪「俵はごろごろ」
可愛らしいネズミのアニメーションが浮かんでくる様な曲
歌詞が愛らしく楽しい

♪「汽車ぽっぽ」
どんなアレンジをするのか、本番が楽しみ


以上四曲を練習しました
来週は先生練習です、頑張りましょう!

ソプラノR.K







                                              
 
    

posted by mei at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日誌

2018年03月11日

練習日誌0310

今週の自主練は繰り返しの4曲。しかし、参加者が今年最小!何とか5声の曲を33322で歌えたのでホッとした。むしろバランスが良かったかも(笑)

「たわら」は2回目ながら、テンポ感が合ってきてハーモニーの色が分かってきた気がする。

どうして眼がパッチリなんだ?など歌詞の質問に、いろんな解説や意見が出て大盛り上がり。次回は情景を思い浮かべながら表現して歌ってみたいな。

「ポッポ」は早いテンポにまだ十分乗りきれてないし、テノールの音程の簡単そうで難しい所がありいつも笑いの種に(笑)

「エコ盛る?盛らんで!」は2週間ぶりの復習だが、かなり忘れている(汗)

前半部分をパート練習したあと2パートや3パートでの重唱を重点練習してテンポとハーモニーがかなりすっきりしてきた。次回は残りの後半部分を同じ練習が必要かな。

「青リンゴ」は先週に続いて2回目だが、再度歌詞の読み練習からスタート。ハーモニックな曲なのでパート練習とパートを組み替えながらのアンサンブルを確認。

フーガの部分もだいぶ美しさが感じられてきた様に思った。中盤の男声合唱はメンバーが揃わないと練習難しいので次回に持ち越したのが残念!

この曲は最後のフィナーレに向けての盛り上げが最大の魅力なので、みんなでしっかり声を作って分厚いハーモニーで歌い上げたい。その日の来るのを本当に楽しみにしている。

Tenor KT
posted by mei at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日誌

2018年03月04日

2018年3月3日の練習日誌(ひな祭り!)

今日の練習曲は

篠原真さん編曲の日本の歌

「俵はごろごろ」「汽車ポッポ」

クーラの「Auringon noustessa.」の3曲でした。

 

10月の定期演奏会で歌う新曲。

今日も一気に音取りをして合わせるというスゴ技(@_@)

 

予定している日本の歌6曲中4曲はどちらかというとしっとりしていたけれど、

「俵はごろごろ」と「汽車ポッポ」は軽快で、ことばも楽しいですよね。

しかし、シュッポッポッポッシュッポッポッポッが、どうしてもシュッポッポッポッポッポッポッポッになってしまう・・・

歌いこんで覚えないと(^。^;

 

Auringon noustessa.」は「陽が昇るとき」とか「日の出に」と訳されるそうです。

苦手な三連符が続きますが、ベースを聴いて他の三声がでるところや、

フーガのように重なっていくところ、八声に分かれて盛り上がるところ、などなど、

胸をうつ響きで、

静かな夜明け、やわらかい光が差し込んで、神への感謝の思いがあふれてくるようです。

そして、半音で動くところが気にいってしまいました(≡^^≡)

 

次の先生練習までにあと2回自主練習です。

新曲ばかりで大変ですが、どんなふうに仕上がるか、楽しみです!

 

Alt. SK

posted by mei at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日誌

2018年02月26日

2018年2月24日の練習日誌

本日は千葉先生練習でした。

♪練習曲
「七つの子」
「うさぎ」
「通りゃんせ」
「Ecco mormorar l'onde」(波はささやき)

邦人曲は、どれも馴染みのある曲で長さも短めなので、比較的楽しんで歌えました。

マドリガルは、先週始めたばかりで音も言葉もまだ怪しいかったのですが、先生からは「可能性はあります」とのお言葉。これからの練習を頑張りたいと思います。
そんなに必死な顔で歌う曲ではないと思うので、これから何回も歌って、もっと余裕な感じで歌えるようになりたいです。


♪次回練習予定
「俵はごろごろ」
「汽車ポッポ」
「Auringon noustessa」

次回は全部新曲です。
初めての曲は音取りが大変ですが、みんなで初めて合わせる練習はどんな感じになるのか楽しみでもあります。

Bas.N.S
posted by mei at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日誌

2018年02月18日

2/17の練習日誌

♪練習曲
「Ecco mormorar l'onde」(波はささやき)
「うさぎ」
「通りゃんせ」
「七つの子」

 Eccoは、初練習。いつもならドレミやラララで歌い、音から入るのですが、今回は歌詞のイタリア語の確認から。みっちりリズムよみしました。
 言葉が最後まで課題に残る私にとって、ちょっと苦しいけどいい練習(^^;

 そのEccoは、夜明けを歌う曲。テノールメロディーの先導が、そよ風に気づかせ、続いて入るの下3声の低音での主和音の響きが、まだ暗い海と星空を私に想像させます。
 ソプラノ2声の歌い出しは、淡い光のさしこみを、その後も東から明るくなって、空と海の色が刻々と変わり、生き物がいろんな場所で活動し始める…
そんな悠々とした美しい時間を、あれこれ音楽から想像できて大好きな曲です。
 きれいな旋律とハーモニーをみんなで歌い上げて、素敵な夜明けにできたらと、これからが楽しみです(^-^)

 日本語の3曲は、言葉の不安はないのですが、そんな気の緩みか指揮を見ているつもりでも、つい自分のテンポで歌ってしまうようで…。気を引き締め、よく息を合わせようと改めて誓うのでした。

ソプラノ M.M.
posted by mei at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日誌

2018年02月12日

2018年2月10日の考察

長年歌っていると、良くも悪くも歌が生活の一部となります。

2018210日の夜もいつもの土曜日と同じように、厳かに練習が始まりました。

うちの合唱団の面白さは、アカペラゆえに音を楽器に頼れないところ。緊張感がなくなればたちまち“わおん”が崩れます。

集中力がなくなる自分が音を乱す、リズムを乱す、ゆえに、いかに集中を持続できるか、難しいテーマです。

 

リトアニアの作曲家ヴィタウタス・ミシュキニス Cantate Dominoは、4/4(=112)でスピーディーな中にパートごとの拍のズレが面白く、油断するとキレがなくなり、何ともしまりのない曲になります。キレ重要、緊張感がキレを保つ。集中を解くのは曲が終わってからかな?

 

昔の話ですが、鎌倉円覚寺の居士林で1週間の学生座禅会に参加した時、厳かな空間の中に何とも言えない緊張感と穏やかさを感じた経験があります。

まったく違う環境なのに、なぜかこの合唱団には同じ空気を感じることがあります。“みんな集中していいハーモニーを奏でているなー”って、その時は、先生と団員のみんなに感謝し、乱さない自分をも褒めています。

 

1週間の中の2時間半、一瞬の時間を大切にして次回の練習に臨みます。

 

T.K

posted by mei at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日誌

2018年02月11日

先生練習_20180210

/storage/emulated/0/SilentCameraSoft/1518256251058.jpg

指揮をする千葉先生
posted by mei at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日誌

2018年02月03日

練習日誌2/3

節分の土曜夜6時である。
入団5年目でも相変わらずこの時刻の外出は腰が重い。しかも寒い!
と言いながら公民館の下駄箱で靴を履き替える頃にはすっかりスイッチが入っている。

今日はここ2、3週続けている定演に向けた新曲のうちまず数曲の音取りの一応仕上げ。

日本の曲の中では「ひらいた」
東京混声合唱団のオリジナル編曲のようですが、お馴染みのやさしい童謡なのにつかみどころのない難しさ!先生の指導待ちです。

モンテヴェルディのマドリガル「Quel Augellin」
訳詞によれば小鳥のさえずりに託した恋の歌だとか。低音が売り(?)のアルトには小鳥のさえずりは試練である。

そして団長一押しの「Cantate Domino」
「主に向かって歌え」という、新しいがれっきとした宗教曲。リズムといいハーモニーといいリトアニア出身の若い作曲家の独特な世界にハマリます。

自主練で何とか格好をつけたこれらの曲を来週先生がどんな風に方向づけしてくださるか楽しみです。

alt.JS
posted by mei at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日誌

2018年01月30日

練習日誌

1月27日

邦人曲とマドリガル、現代曲を混ぜて練習

マドリガルは世俗曲で、宗教曲を主に歌ってきた合唱団としてはステージごとに意識を変える必要がある。どうしても、音をつなげる練習をしてきたせいか軽く歌えない。
単語を意識しつつ、楽譜見ないでお互いを見つつ歌えるようになれば楽しさ倍増かもしれない。

邦人曲は、情景が浮かぶので歌いやすい。

現代曲は美しいが、リズムが難しく個人的には苦手。転調も慣れが必要だ。

ベースは独りだったし、音取りも怪しく、今後の練習に期待したい。

まだまだ、先は長い。

ベース muzo
posted by mei at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日誌