2018年07月21日

練習日誌 2018/07/21

練習曲
 Auringon noustessa
 Cantate Domino

 今日も危険な暑さ、エアコンが効いてるはずの練習室も…

 Auringonは、リズムの違いを出す。
2拍3連は、1拍を3つに割って2つずつ、タタータは4分音符を躊躇なく入れてとのコツをつかんで、みんなで合わせられたら気持ちいいですよね。
 クレッシェンドの仕方。
文字の方は、今日の新語「メガホンクレッシェンド」緊張感をもって。マークの方は解放されるように。
 sopは、長い音がぬけてしまうとの指摘が。しっかり支えるよう頑張ります。

Cantateは、Altoさんが苦手な4度の上行音形を、男声の和音にはめるよう特訓。男声陣が、altoをとりかこんであげて、よく聴きあってだいぶ安定してきたような気がします。
 その男声の和音も左手の形を決めて、1音ずつ下げていくような、魅力的なハーモニー。音をみんなでバッチリ決めて、Com moto e rimico(動きをもって、リズミカルに)歌い上げたいです。

Sop.M.M
posted by mei at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日誌

2018年07月15日

練習日誌

7/14は自主練でした
団長お気に入りステージから
Cantate domino
Auringonの2曲

この日は男声の練習参加者が少なかったこともあり女声中心の練習でした
猛暑日の暑さが残る練習室に、団長の千本ノックならぬ一万本ノックが女声に吹き荒れました(^_^;)

高音も低音も同じポジションで声を出すって難しいことなんですよね

一つ一つの注意は、点ではなくて、繋りをもって「線」になるように、みんなで共有していかなければなりませんね

初blog投稿

Tenor Y.K
posted by mei at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日誌

2018年07月08日

練習日誌_合宿二日目〜午前〜

「ゆうすげ」での合宿の二日目。



今日も頑張るぞ!と濃い霧の中を車で山に登っていく。


前半は、昨日やったマドリガル4曲のおさらい。 1. sovra tenere herbette 2. ecco 3. quel augellin 4. lasciate mi morire


強弱、発音、ブレス、発声のイメージ等を今日も譜面に書きこんでいく。「音がまとまるように」「他のパートの流れをわかっておいて縦を合わせる」「気持ちで合わせて」の先生の言葉も楽譜の隅にメモする。 lasciate mi morireは、後半にいくほどよくなるとのこと。最初から気持ちをつくっておくことが大事。


 後半は、アンティフォナ。

昨日の午前中の練習で1から3を歌っていたので 、後半のすべての時間を費やして4. salve reginaを練習した。 入団した時にCDをコピーさせていただいてからずっと車で聴いていた「アンティフォナ」! 周りの人たちの声を体中耳にして聴きながら自分なりに集中して音とりと発音をマスターしようとしたのでお昼には頭も体もへとへとになった。



ひとりひとりみんなが違う声。でも、それを互いに認め合い、聴きあって、響かせあって、一つの音楽にする。 私にとって、週に一度のこの時間がいつのまにかすごく大事になっている。



「聴きあうことは大切だけど最終的に楽曲を楽しめないと演奏家側の緊張感がお客さんに伝わってしまう。」 という先生の言葉。 残りの時間でしっかりと「縦のハーモニー」という課題をマスターして、 演奏会の後には、お客さんの中にも自分の中にもいいきもちが残るような演奏ができたら・・。まずは自分のパートをしっかりとおさらいをして来週からの練習に備えます。



今回の合宿中、長雨が日本各地で甚大な被害をもたらしています。命の数字が増えていくのを見るたび胸が苦しくなります。被害に遭われた方々にどうか平穏な日常が戻りますように。



Sop.  A.H


posted by mei at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日誌

練習日誌_合宿一日目〜午後〜

合宿一日目〜午後〜

お昼も食べてお腹いっぱい!

ということは、
眠さとの闘い_( (_˘ω˘ )_スピー

午後は、マドリガルの練習

毎度のことながら長母音
ブレスの位置、
八分音符が続くと
前音符の長さを保ちきれずに走る
かと思えばもたれて遅れる 等々、
課題は山積み

やってるようでも
皆で意識しないとバラバラで
なかなか綺麗なハーモニーには聞こえないし

皆が意識していても言葉が
聴く側に伝わらなければ意味無い

反対に
意識して、やり過ぎ〜と指摘を受け
加減の難しさを改めて知る

音の移り変わりを楽しむ〜

マドリガルは、真面目に歌っても
面白くないのは分かってるけど、
練習不足で音が取れてなかったり
休符の後の入る場所を見失ったり

パートごとの纏まりに気を取られて
まだまだ楽しむ余裕が見えない

私的には、

毎日楽譜を開く時間が取れないから
毎度のレッスンを録音し、

家事をしながら
掛け持ちの仕事への移動時
帰宅してから寝る前など、
常に録音したICレコーダーを持ち歩き
聴ける時間には何度も聴いて頭に叩き込む

自分でやっているつもりでも
指摘された場所を聴くと納得

誰かが注意されても
自分も同じことをしてるのを発見したり……

もっと努力しなければいけないのに
仕事で欠席が多く
やはり皆に迷惑をかけていることを
この合宿で改めて自覚

合宿も
この時間しか
まともに参加出来ないのが悔やまれる

さて、演奏会まで三ヶ月
この合宿の成果やいかに?

ステージで楽しく歌えるよう
練習も成長を楽しみながら
頑張りましょ✧ ٩( ๑•̀o•́๑ )وエイエイオー!!


☆∴sop.Aki∴☆
posted by mei at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日誌

2018年07月07日

練習日誌_合宿一日目〜午前〜

榛名湖温泉での夏合宿一日目・午前中

大竹くみ 作曲
「聖母マリアのアンティフォナ」1番〜3番

今日は、言葉の発音の仕方、ハミングの響かせ方、音楽記号の表現の仕方などの練習をしました。

本番では、この作品の特徴である、空気の流れ、湿度、風が運んでくる匂い、目に映る色などが留まることなく変化していくさまを、歌声で表現できたらいいな八分音符

他の団員のみなさんは、この曲は演奏したことがあるようで、もうすでに素敵なハーモニーに仕上がっています。

初心者の私は、それを崩さないように必死に頑張りました!

Sop.   m.f
posted by mei at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日誌

2018年07月01日

練習日誌_20180630

梅雨明けで蒸し暑い6月最後の日は自主練習。
団長お気に入り曲集です。

・Super flumina
・cantate domino
・Auringon noustessa
・島へ

ラテン語だったりフィンランド語だったり日本語だったり…。
団長好みの合唱曲はマニアックで広範囲\(◎o◎)/!

これまでに数回先生練習で取り上げているので
先生からの指摘事項・音程の確認・言葉を意識しての部分練習などなど。
段々細かい箇所を克服しながら、音楽表現にたどり着くまでまだまだ道のりは遠い
(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

来週は恒例 榛名湖畔で夏合宿です。
歌ったり歌ったり歌ったり…飲んだりしゃべったりの1泊2日を大いに楽しみたいと思
います。

Alt M.K
posted by mei at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日誌

2018年06月23日

6月23日練習

今日は千葉先生の練習!

曲目は日本の歌

これが難しい

ベースはナチュラルに苦しむ、、、
久々、ベースフルメンバーで迫力!?


日本語歌なのに、皆さん真面目なのでクラシック風?に歌い、、、もっと気楽に歌おう!

日本語の曲は聴く側の人も、良く知ってるので誤魔化せない!

頑張ろう

620
posted by mei at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日誌

2018年06月16日

6月16日の練習

肌寒い1日。
久々に日本語の曲。

俵はごろごろ
七つの子
赤とんぼ
汽車ポッポ
手まり唄
ひらいた
うさぎ
通りゃんせ

マドリガルに比べたら…と思ったら甘かった!
日本語を合わせるのって難しい。
言葉のタイミングが合わない。
さらに、8分音符のタイミングもずれてしまう。
誰もが知っている曲だからこそ、少しのズレも目立ってしまうんだろうなぁ。

久しぶりにパートバラバラで歌ってみた。ミックスで歌うのは他パートがよく聞こえて好きだけど、個人的には、今日の童謡シリーズはパートごとにまとまった方がいい気がした。

T.N(Sop. )
posted by mei at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日誌

2018年06月10日

6月9日の練習日誌

69日の練習日誌

 

108日の本番まで残り4ヶ月。

 

今日は、63日のパート別特連後の混声四部合わせとして、下記のMadrigali 4曲の練習を行った。

Ecco mormorar l'onde

Sovra tenere herbette

Jo mi son giovinetta

Quel Augellin

 

特連の成果は?と聞かれたら、僕個人としては非常にあった、と思う。

音取りは、ほぼ100%大丈夫かな?さらに、言葉がある程度追いつくようになった。50%が85%くらいまで上がった。

 

・ついでに言うと、先生の指摘された内容を、以前より細かくメモするようにしたので、特連で注意されたことは意味を理解して基本忠実に実行している。

今日の練習で、特連と同じことを注意されたけど、ちゃんとメモしてあったし、メモ通りに歌わなかった瞬間、後で注意されるであろうと予測できた。

そして、予想通り先生に指摘され注意された・・・納得。

・メモ通りに歌わなかったのは、@事前の意識が足りなかったこと(歌う前の準備が足りない)A技術力不足(調子の良い時と悪い時があり不安定)→調子の悪い時は意識しても直らない。

 

対策

@    歌う前に、その曲の重要なポイントを理解する。(事前に指摘事項を頭に入れる)

A    下記の、調子を安定化させる方法を考える。

・身体が全体的に疲れていないか?

・喉の調子(喋る声はハスキーボイスでないか?前日の夜更かしや飲みすぎが原因?)

・頭の冴え具合(集中力はあるか?ストレスや眠気が原因?)

 

こんなことを反省しながら、確実に前回より上のパフォーマンスを発揮できるように次の練習に臨みたいと思います。

 

Ten.T.K

 

posted by mei at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日誌

2018年06月03日

6月3日練習日誌

今日は室内初のパート別特練。参加したメンバーの皆さまそして千葉先生お疲れ様でした。

練習内容は、各パート1時間30分ずつマドリガル全曲の音と発音を徹底的に統一!

私は、自分のパートの練習で自身の課題の指摘と修正をやり、その後他の全パートも居残って聞きましたが、実に効果を実感できる素晴らしい練習だったと思いました。

なんといっても自分がきちんと歌えている場所とそうでない場所がくっきりと分かることですね。周りの声や歌いかたに耳が向いている限りは、決して他人のせいに出来ないことが納得できるので後は自分の努力次第。

参加出来なかった皆さまは残念でしたが、次の機会には是非!

次回6月9日の先生練習でマドリガル全曲をTuttiで歌ってみて、どのくらいレベルが上がったか?
来週の練習が本当に楽しみです。

K.T /Tenor
posted by mei at 19:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 練習日誌