2019年04月14日

練習日誌2019/04/13

自主練♪今日は少人数での練習でした。
練習曲は3曲八分音符
・kuulaの「Rukous」
・VictoriaとSarasolaの「Ave Maria」

先ずは「Rukous」から…
"祈り"という意味。フィンランド語のこの曲
2002年に演奏会で歌ってますが、当時のメン
バーは少なく、気持ちを新たに音取りから。
長い曲なので、今日は半分まで!
階名読みで音取りしてましたが、言葉をつけた
方が、意外と歌いやすいもの。とは言え、フィ
ンランド語は発音が難しいので、早く抑揚がつ
けられようにしたいです。そうすれば曲全体が
見えてくるはず!
北欧の風土も表現できたら素晴らしいのでは︎

そして「Ave Maria」…
Victoriaは歌い慣れた曲なので安心。雑になら
ないように発音など確認しながら丁寧に歌いた
い。
Sarasolaは、とても美しい曲です!出だしの
下3パートは、ヴァイオリンの弓が弦をゆっく
り弾くような感じでと、以前先生からわかりや
いイメージをいただきました。
そこにソプラノが入ってくると綺麗です。
3拍子で、4パートの縦の揃った和音が動いて
いく感じ。

自主練では、副指揮の小林さんが千葉先生からの指示をしっかり伝えてくれてます!お疲れ様!ありがとう!
来週は「Rukous」後半と他の作曲者の「Ave Maria」ですメロディ

A.tako
posted by mei at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185856880
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック