2019年02月17日

練習日誌 2019/02/16

C練習曲
・kaipaava
・kiirimina-rap
・おんがく

 フィンランド民謡は3週目。

「kaipaava」は、だいぶハーモニーがみえてきました。
 ソプラノの低い音域で2声に分かれるところに不安がありましたが、かなり前進!
 
「kiirimina-rap」は、言葉に慣れる練習。
 ※繰り返し のところは調子良く歌えるのですが、歌詞がたくさん出てきたとたんにモゴモゴに…。(言葉が苦手な私)

「おんがく」は、前半の3分1ぐらいを音取り。
 「神様だったら 見えるのかしら」で、始まる歌詞。音楽を五感で感じるとは、神秘的ですよね♪
 木下牧子さんのおしゃれな和音が、GCCでどんな響きにできあがるか楽しみです。
 
 来週は、「おんがく」の音取の続きと、木下牧子さんの曲の復習です。

Sop.M.M
posted by mei at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185570285
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック