2019年02月23日

練習日誌 2019/02/23

本日の自主練習は

木下牧子さん三昧でした。

前半「おんがく」音取り

後半「おんがく」「鷗」「さびしいカシの木」復習

音取りが中心ではありましたが、縦をあわせることや、日本語のことばを意識していくことも考えながらの練習でした。

 

それから、見学の方がお二人見えました!!

嬉しいですね(^―^)d

前半は私たちの練習を聴いてくださっていましたが、

先週の続きとはいえ、1時間足らずで一気に音取りをしてしまったものだから、

驚かれてしまいましたね。

でも、後半は一緒に歌っていただけたので、

どうだったかな、

みんなで作り出すハーモニーの中に一緒にいる楽しさというか、喜びというか、

味わっていただけていたらいいですね。

そして、入団していただけるといいなあ。

 

「おんがく」と「鷗」はテノールパートが単独で出てくる旋律が多いですよね。

他のパートが語ったことばを、聞き返すように繰り返すところが心地よいなあと思います。

先生のご指導でどのように曲が仕上がっていくのか、楽しみです!

 

Alt S.K

posted by mei at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日誌

2019年02月17日

練習日誌 2019/02/16

C練習曲
・kaipaava
・kiirimina-rap
・おんがく

 フィンランド民謡は3週目。

「kaipaava」は、だいぶハーモニーがみえてきました。
 ソプラノの低い音域で2声に分かれるところに不安がありましたが、かなり前進!
 
「kiirimina-rap」は、言葉に慣れる練習。
 ※繰り返し のところは調子良く歌えるのですが、歌詞がたくさん出てきたとたんにモゴモゴに…。(言葉が苦手な私)

「おんがく」は、前半の3分1ぐらいを音取り。
 「神様だったら 見えるのかしら」で、始まる歌詞。音楽を五感で感じるとは、神秘的ですよね♪
 木下牧子さんのおしゃれな和音が、GCCでどんな響きにできあがるか楽しみです。
 
 来週は、「おんがく」の音取の続きと、木下牧子さんの曲の復習です。

Sop.M.M
posted by mei at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日誌

2019年02月11日

19/02/09 練習日誌

kaipaava
kiiriminna-rap

先週と今週は、フィンランド民謡の新曲2曲を練習しました
先週は音取り、今週は言葉をつけました

kaipaavaは、以前にやった曲と似た感じの曲で、透明感あふれた曲調です

kiiriminna-rapは、初めての世界です(笑)
中盤にラップがあります

どんなテンポ設定になるかな?
どちらにしても、相当に、はっちゃけないとです

来週も、この2曲かな〜

Tenor:Y.K
posted by mei at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日誌